APEC 公式シンポジウム / APEC Official Symposium 東アジアにおけるFTAの形成とAPECの役割
HOME概要 / Informationアクセス / プログラム / Program申し込み / register

APECシンポジウムバナー

ホーム HOME

平成18年9月27日~28日にかけて東京都渋谷区青山学院大学に於いてAPEC公式シンポジウムが開催されます。本シンポジウムはAPEC(アジア太平洋経済協力会議)域内の各国・各地域から貿易政策に精通した産官学各界の専門家を招き、東アジアで活発化しているFTA(自由貿易協定)を中心とした地域経済統合がAPECの貿易投資自由化にどのようなインパクトを与えうるのかについて議論を行います。
また、本シンポジウムは広く一般の方にも公開し、様々な分野から多くの参加者に議論に参加して頂くことにより、APECへの理解をさらに深めてもらうことを目的とし開催されます。

ページ先頭に戻る

シンポジウム名 APEC公式シンポジウム
「東アジアにおけるFTAの形成とAPECの役割」
主催 慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)渡邊頼純研究プロジェクト
共催 青山学院大学 WTO研究センター
後援 外務省経済産業省
日時 平成18年9月27日(水)~28日(木)
会場 青山学院大学 青山キャンパス 総研ビル 12階 大会議室
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25
申し込み方法 青山学院大学 WTO研究センターホームページ
<http://www.wto.aoyama.ac.jp>よりお申し込み下さい。
問合せ先 青山学院大学 WTO研究センター
WTO Research Center of AGU(略称:WRC/AGU)

ページ先頭に戻る

アクセス Access

【アクセス】

渋谷駅(JR山手線・埼京線・京王井の頭線・東急田園都市線・東急東横線)より青山通り徒歩10分。

東京メトロ表参道駅(銀座線・千代田線・半蔵門線)より青山通り徒歩5分。

青山学院正門より入り右手すぐの総合研究所ビル(大学14号館)12F ※11Fより入場。


ページ先頭に戻る

プログラム Program

総合司会: 慶應義塾大学総合政策学部教授 渡邊頼純

2006年9月27日 水曜日

10:00-10:30 APEC公式シンポジウム
オープニングセッション: 開会の辞
外務省大臣政務官(未定)
青山学院大学学長 武藤元昭
10:30-12:30 第1セッション: 「東アジア経済統合の現状」
コーディネータ: 青山学院大学経営学部教授 岩田伸人

プレゼンテーション1: 「東アジア経済共同体に対する産業界の見方」
社団法人経済同友会 代表幹事 北城恪太郎 → CV
The Idea of "East Asian Economic Community" from Business Perspective
The Idea of "East Asian Economic Community" from Business Perspective

プレゼンテーション2: 「東アジアFTAの概観」
シンガポール国際関係研究所 所長 サイモン・テイ → CV
FTAs in East Asia: An Overview

プレゼンテーション3: 「東アジアFTAネットワークの経済的影響」
内閣府 参事官(経済見通し担当) 川崎研一 → CV
"The Economic Impacts of FTAs: Model Simulation Analyses"
"The Economic Impacts of FTAs: Model Simulation Analyses"

ゲストスピーカーによるディスカッション
12:30-14:00 昼食
14:00-16:00 第2セッション: 「東アジア経済統合: FTAの台頭」
コーディネータ: (未定)

プレゼンテーション1: 「APEC地域自由化に向けた中国のFTA政策とその見方」
中国国際問題研究所 副所長 ロアン・ゾンジュ
"China’s FTA Policy and its Perspectives towards Further Liberalization in the APEC region"
"China’s FTA Policy and its Perspectives towards Further Liberalization in the APEC region"

プレゼンテーション2: 「ASEANのFTA戦略」
タイ元商工大臣 ナロンチャイ -> CV
マレーシア(候補者:戦略国際問題研究所 副所長)より招聘予定
"PPT"

プレゼンテーション3: 「オーストラリアのFTA戦略」
(未定)
※ピーター・ドライスデール教授欠席により検討中
候補者:Prof. Findlay、または豪外務貿易省の次官Spencer前寿府代大使、前駐日大使が参加される可能性もあり。

プレゼンテーション4: 「韓国のFTA戦略」
韓国対外経済政策研究院(KIEP)欧州課長 キム・ヒョンチョン → CV
"PPT"

ゲストスピーカーによるディスカッション
16:00-16:30 コーヒーブレイク
16:30-18:00 第3セッション: 「主要経済圏は東アジア地域経済統合をどのように見ているのか」
コーディネータ: (未定)

プレゼンテーション1: 「東アジア地域経済統合に対する米国の見方」
国際経済研究所 上席研究員 ジェフリー・ショット
"Economic Integration in East Asia and US Trade Policy"

プレゼンテーション2: 「東アジア地域経済統合に対するヨーロッパの見方」
※ヨーロッパアジア問題研究所 所長 ウィレム・ファン・デル・ヘースト欠席により検討中(未定)
"Economic Integration in East Asia"

ゲストスピーカーによるディスカッション
19:00 レセプション

ページ先頭に戻る

2006年9月28日 木曜日

9:30-11:00 セッション4: 「ラテンアメリカ諸国のFTAに関する経験とAPEC」
コーディネータ: (未定)

プレゼンテーション1: 「CAFTA(中米自由貿易協定)の事例」
マイアミ国際大学 教授 カール・シーラ → CV
"The US FTA with Central America and the Dominican Republic (DR-CAFTA): What Relevance for Asia?"
"The US FTA with Central America and the Dominican Republic (DR-CAFTA): What Relevance for Asia?"

プレゼンテーション2: 「チリのFTAに関する事例」
チリ外務省 経済分析部 部長 エルナン・グティエレス
"Experience of Latin American Countries within the APEC Region: THE CAS OF CHILE"
"Experience of Latin American Countries within the APEC Region: THE CAS OF CHILE"

ゲストスピーカーによるディスカッション
米州開発銀行(IDB)東京オフィス 次席代表 メディナ・ロペス → CV
"PPT"

11:00-11:30 コーヒーブレイク
11:30-13:00 最終セッション: パネルディスカッション
コーディネータ: 慶應義塾大学 教授 渡邊頼純

[スピーカー]
  国際経済研究所 上席研究員 ジェフリー・ショット
  マイアミ国際大学 教授 カール・シーラ
  チリ外務省 経済分析部 部長 エルナン・グティエレス
  シンガポール国際関係研究所 所長 サイモン・テイ
  ウィレム・ファン・デル・ヘースト欠席により検討中(未定)
  中国国際問題研究所 副所長 ロアン・ゾンジュ
  三菱商事株式会社 業務部顧問 團野廣一(未定)
  韓国対外経済政策研究院 欧州課長 キム・ヒョンチョン
  ピーター・ドライスデール氏の代わりのスピーカー(未定)
  外務省 APEC室長(未定)

会場からの質疑応答

まとめ: 外務省 経済局 局長(未定)

13:00-14:30 フェアウェル・ランチ

ページ先頭に戻る

申し込み

青山学院大学 WTO研究センターホームページ
<http://www.wto.aoyama.ac.jp>よりお申し込み下さい。

ページ先頭に戻る

Line site end
APEC Official Symposium & Watanabe Yorisumi Research Lab. Copyright (c) All Rights Reserved