トップ | 渡邊頼純教授 | 講義シラバス | 講義ノート | 研究プロジェクト

Yorizumi Watanabe Research Lab. 渡邊頼純

INTRODUCTION

渡邊頼純研究室のHPへようこそ。
私たち渡邊頼純研究会は、国際貿易体制を総合的に把握することを目的とし活動しています。
そのために、WTO(世界貿易機関)における多国間交渉や紛争処理の現実を学習すると共に、主要な経済統合の動向(NAFTA、EU、東アジアにおけるFTAなど)を調査研究しています。
2005年度春学期からスタートした研究会で、初期メンバーは5名です。各自が担当する国や地域を毎週リサーチし発表・コメントしていきます。輪読も行っています。

NOTICE



平成18年9月27日〜28日にかけて東京都渋谷区青山大学に於いてAPEC公式シンポジウムが開催されます。本シンポジウムはAPEC(アジア太平洋経済協力会議)域内の各国・各地域から貿易政策に精通した産官学各界の専門家を招き、東アジアで活発化しているFTA(自由貿易協定)を中心とした地域経済統合がAPECの貿易投資自由化にどのようなインパクトを与えうるのかについて議論を行います。

UPDATE

07/14: Lecture Notesにパワーポイントを追加しました。
01/23: Lecture Notesにパワーポイントを追加しました。
11/29: Lecture Notesにパワーポイントを追加しました。
10/30: Lecture Notesにパワーポイントを追加しました。
10/09: Lecture Notesのページに後期のパワーポイントの掲載を始めました。
10/08: 後期のシラバスをアップしました。
07/04: Lecture Notesのページにパワーポイントをアップしました。

ページ先頭に戻る

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス 渡邊頼純研究室
Copyright (C) 2005 Yorizumi Watanabe Research Lab. All Rights Reserved.